松油作り「林福連携」 下枝を有効利用 冬場の雇用確保へ 北海道標茶町

精油の原材料となるアカエゾマツの枝葉を伐採する作業者ら(パイングレース提供)

 北海道標茶町は、町内に生育するアカエゾマツを活用した「林福連携」に乗り出している。葉や小枝を使った精油作りを同町社会福祉協議会に委託し、障害者の冬場の仕事を確保する。精油は抗菌作用などを生かした加工品としても販売し、収益につなげる考えだ。……
 
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは