[活写] ゆらり畑に秋風 きらりルビー色

見頃を迎えた赤い花のソバ「高嶺ルビー2011」の畑(長野県箕輪町で)

 長野県箕輪町の「赤そばの里」で、花が赤いソバの品種「高嶺ルビー2011」が見頃を迎え、約4・2ヘクタールの畑が一面に色づいた。

 一時は遊休農地となったものの、中箕輪そば組合が1997年、信州大学などが開発した「高嶺ルビー」の栽培を開始。2006年からは地元農家らがつくる「古田の里 赤そばの会」が受け継ぎ、地域の観光資源として定着した。12年には、品種を花色がさらに鮮やかな「高嶺ルビー2011」に更新した。

 開花期の幻想的な風景が人気で、昨年は約2万5000人が足を運んだ。米などを作る農家で同会会長の押野光さん(68)は「もっと畑がむらなく色づくように育てたい。南アルプスに囲まれた風景を楽しんで」と笑顔を見せる。

 見頃は10月上旬まで。(釜江紗英)
 
 
動画が正しい表示でご覧になれない場合は下記をクリックしてください。
https://www.youtube.com/watch?v=sk3F2I8KNbc

おすすめ記事

動画ニュースの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは