北海道米3種「食べ比べて」 今年もマツコさんPR

北海道米を試食するマツコ・デラックスさん(17日、東京都港区で)

 ホクレンなどは17日、2019年産の新米発表会を東京都内で開いた。「北海道米」の新CMに7年連続でタレントのマツコ・デラックスさんを起用。会場に駆け付けたマツコさんは「昨年の不作を乗り越え、農家が本当に頑張って作ってくれた。PRできるのがうれしい」と話した。

 マツコさんは北海道米の新米「ゆめぴりか」「ななつぼし」「ふっくりんこ」を試食し、「3種類全部違っておいしい。ぜひ3種類買って食べ比べて」と熱弁した。

 新CMでは道産「ゆめぴりか」に加え、デビュー2年目となる「ゆめぴりか」と「ふっくりんこ」のブレンド米「合組(ごうぐみ)」をPR。19日から東北・北陸などを除く全国で放映する。

 ホクレンの内田和幸会長は「産地の取り組みとともに天候にも恵まれ、おいしい米を収穫できた」とアピールした。

 北海道米は昨年、天候不順により作況指数が「90」と生産量が大きく落ち込んだ。今年は9月15日時点で「105」と豊作基調だ。ホクレンは19年産の販売数量を前年産比6万トン増の32万7000トンと計画する。
 

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは