待望の豚コレラワクチン接種 福井の養豚新たな一歩 残り3戸「絶やしてはならぬ」

廃業を決めた相馬さん。静まり返った畜舎で、ワクチン接種を前に「残って頑張る農家に寄り添う農政にしてほしい」と求める(福井県越前市で)

 豚コレラのワクチン接種が24日にも推奨地域で始まる。ワクチン接種県の福井県は、小規模ながら県ぐるみで豚の飼育を支援してきたが、豚コレラの影響で残る養豚農家がわずか3戸になった。県養豚産業が存亡の危機にある中、切望していたワクチン接種。県や関係者、農家らは「福井から養豚業を絶やしてはならない」と、今後の経営継続を模索する。
 

県ぐるみで 防疫対策


 越前市で母豚60頭の一貫経営をしていた相馬秀夫さん(64)は、石灰で真っ白になった畜舎を見回り、寂しそうな表情を浮かべた。20歳で就農し、父の経営を継いで豚専業で生きてきた。40年以上、毎日畜舎で豚の世話をし続け、娘の結婚式ですら宿泊はせず日帰りにした。豚と共に歩んできた人生だ。

 しかし、8月に感染が発覚し、全688頭を殺処分。相馬さんはガランとなった畜舎で「豚コレラでいきなり強制終了となってしまった。経験したことのないむなしさ、悲しみ、寂しさが心を覆っている」と明かす。

 これまで同世代の農家らと毎月のように集まり豚で地域を活性化しようと議論してきた。畜産試験場や県、行政、JA、精肉店や食肉処理場の担当者と顔の見える関係を築き、10年以上も県養豚協会の会長を務めた。

 岐阜県で豚コレラがまん延すると、福井県や市の担当者は農家に出向いて柵の施工を手伝うなど、豚コレラを防ごうと頑張ってきた。相馬さん自身も今年、豚の飲み水のタンクを更新した他、石灰まみれになるほど対策をし、妻と共に消毒・着替えも入念にしてきた。

 しかし、7月上旬に県内で感染イノシシが見つかり、下旬には市内で相馬さんの畜舎から3キロ離れた養豚場で感染が発覚した。養豚場の主は若手農家の夫妻。苦労して経営する姿を知っていただけに、つらかった。

 相馬さんの畜舎は、盆時期の8月12日に感染が発覚。信じられない思いだった。真夜中に何百という人が小さな養豚場に集まり豚を殺処分した。その異様な風景に「近所の人や古里に帰ってきた若者にとってどれほどの衝撃だっただろうか。豚にも関係者にも、地域の人にも本当に申し訳ないことをしてしまった」と相馬さんは話す。近所の人や行政職員らは迷惑を掛けたにも関わらず、温かい心配の言葉を掛けてくれ、心が痛んだ。
 

畜舎整備の 支援必要


 相馬さんは今年度で廃業を決めた。未練はあるが、国が示す衛生管理基準を満たすには莫大な投資が必要。再び殺処分となり周囲に大きな迷惑を掛けるリスクを負うことはできないという。

 県内農家が求めていたワクチン接種が近く始まる。ただ、ワクチンはゴールではなくて始まりだ。相馬さんは「国の衛生管理基準に沿うためには、畜舎の改修程度では済まない。新たに畜舎を建てるなら対応できるが、家族経営の養豚農家は今ある基盤を生かすしかない。ワクチン接種と並行し、畜舎整備への支援など残る農家に寄り添う農政が必要だ」と主張する。自身はワクチン接種を見届け、就職活動を始める予定だ。
 

安心の環境 取り戻す


 1970年には250戸だった県内の養豚農家は、現在同市と大野市の計3戸のみ。県畜産試験場が供給した種豚を基に県内農家が肥育した銘柄豚「ふくいポーク」も含め、県の養豚業が存亡の危機にある。

 福井市の今尾精肉本店の今尾正則さん(72)は「ふくいポークは欠かせない存在。売り続けたいが、基盤は畜産農家。何とか関係機関で支えて応援したい」と話す。

 越前市で母豚90頭を一貫経営する時岡伸さん(66)は子豚を出荷していた別の経営者の農場が感染し、出荷先を失った。増築予定だった畜舎の着工もできず、途方に暮れる。「本当に弱っている。県の産業として成り立つかの瀬戸際にあるが、何とかワクチンを契機に再起しなくてはいけない」と、自身に言い聞かせるように話す。

 JA福井経済連畜産課の佐藤秀行担当は「残る農家は感染にビクビクしている。ワクチン接種を一歩とし、安心して飼育できる環境を取り戻したい」と強調している。
 

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは