米作況「99」へ下方修正 収穫量予想727万トン 10月15日現在

 農水省は31日、2019年産米の主食用米の全国の作況指数が10月15日現在で99の「平年並み」となり、前回(9月15日現在)から2下がったと発表した。予想収穫量は同9万9000トン減の727万トン。国が需給安定に向けて示す適正生産量718万~726万トンに近い水準となった。来年6月末の民間在庫量は今年6月と同水準の189万トンとなる見通しだ。

 全国の10アール当たり予想収穫量は529キロ。前回から7キロ減り、前年並みとなった。

 作況指数の下方修正は2年連続。2下がったのは04年以来。西日本を中心に7月上・中旬の低温や日照不足に加え、九州や中四国でのウンカなどの害虫や台風17号による潮風害が影響した。30都道県で下がり、16府県は横ばい、1県で上がった。

 主産地では北海道が1下がり、東北は横ばいだったが、ともに104の「やや良」。北陸は変わらず101の「平年並み」。九州は87、四国は94の「不良」となった。作況は12月に確定する。

 前回は来年6月末の民間在庫量を199万トンと見通していたが、今回の作況を踏まえ、10万トン下方修正した。需給安定の目安とされる180万~200万トンに収まった。同省は「需給は均衡する」(農産企画課)とみる。

 ただ、仮に作況指数が100の平年作だった場合、収穫量は735万トンとなり、適正生産量をかなり上回る。豊作に転じれば一気に需給緩和に向かう懸念すらあった。同省は「需要に応じた生産に取り組む流れができてきている」(同課)と分析。主食用米は事前契約や複数年契約によって安定的な取引を定着させ、飼料用米など転作作物の生産安定を課題に挙げた。

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは