全農×アイドル 「虹コン」食の応援団に SNS発信力 期待

JA全農とコラボする「虹のコンキスタドール」のメンバー(JA全農提供)

 JA全農がアイドルグループと共に、国産農畜産物のPRに乗り出した。15~22歳の女性12人からなる「虹のコンキスタドール(虹コン)」を「全農の食の応援団」に任命。食にちなんだ楽曲を新たに制作した。全農のイベントへの参加などを通し、ファンである10~30代の若い層に国産をPRする狙い。楽曲は全農のテレビCMや特設サイトなどで公開する予定だ。

 メンバーはインターネット交流サイト(SNS)での情報発信にも力を入れており、ツイッターのフォロワー(読者)数は各メンバー合わせて約30万人。若い層への発信力の高さに着目した。

 新たな楽曲「響け!ファンファーレ」は、全農が力を入れている食を通じたスポーツ応援をコンセプトに作詞、作曲した。特設サイトで11月下旬からミュージックビデオを公開する他、全農のテレビCM内でも随時流す。特設サイトでは、メンバーが食への思いを語るインタビューも見られる。

 ツイッターでは「全農食の応援団」にちなんだプレゼントキャンペーンも展開する。メンバーが全農の通販サイト、JAタウンから旬の農畜産物を選んで推薦。当選者にはメンバーの直筆メッセージと商品が贈られる。

 全農広報・調査部は「アイドルとのコラボで、国産農畜産物のファンを増やしたい。特に若い世代は米や農産物の消費が少ない傾向があり、広がりに期待する」と話した。
 

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは