AIキャベツ作柄ずばり 安定取引へ実需と共有 全農おかやま実証に着手

 岡山県のJA全農おかやまは、キャベツの生育をドローン(小型無人飛行機)で撮影した画像から、作柄や出荷時期などを予測するサービスの確立に乗り出した。上空からの画像を人工知能(AI)が解析し、出荷時期やサイズを予測。生産者は適切な管理で収量増が期待できる。同様の情報を卸売会社やスーパーなど実需者と共有し安定取引につなげる。……
 
1 2

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは