次世代人材投資事業 就農促進へ緊急補填 減額批判に配慮 農水省

 農水省は、新規就農者に年間最大150万円を交付する「農業次世代人材投資事業」で、2019年度予算が前年度に比べ減額となり自治体や新規就農者らが混乱した問題を受け、緊急補填(ほてん)を始めた。経営開始型の新規採択を予定する新規就農者に交付を決定できないなどの影響に対応したもの。同省は「今年度限りの緊急的な対応。来年度からは、予算の範囲内で必要な対象者に交付したい」と説明している。……
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは