豚コレラ対策 国の関与、検疫強化 家伝法改正へ自民提言

 豚コレラ(CSF)やアフリカ豚コレラ(ASF)の対策を強化するため、自民党は28日の農林合同会議で、来年の通常国会での家畜伝染病予防法の改正に向けた政府への提言を決めた。飼養衛生管理の指導に関する国の関与の強化や野生動物対策の法律への位置付け、検疫担当職員の権限強化など、幅広く求める。アフリカ豚コレラは予防的殺処分の対象とする。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは