人には思春期ならぬ思秋期があるという

 人には思春期ならぬ思秋期があるという。40~60歳あたりの老人になる手前のことを指す。この過ごし方が老後を左右する▼精神科医和田秀樹さんの『「感情の老化」を防ぐ本』(朝日新聞出版)で知った。気が付かずに物事への意欲を失う「感情の老化」が始まり、どんどん加速する。知力や体力は意外と衰えないが、感情が老けると身も心も見た目も一気に老け込む▼同著には「感情老化度」を測るテストがある。試しにやってみると実年齢を10も上回ってしまった。あわてて若さを保つ秘訣( ひけつ)を探ると、脳の前頭葉を刺激することだという。いろいろな方法があるが、「食べる幸福」はその一つ。105歳で亡くなった医師の日野原重明さんは100歳を過ぎても週2回は肉料理を楽しんでいたという▼恋もいいらしい。きょうは「シルバーラブの日」。71年前のこの日、68歳の歌人川田順が30近くも年下の教授夫人と駆け落ちしたことにちなむ。川田が詠んだ「墓場に近き老いらくの恋は、怖(おそ)るる何ものもなし」から「老いらくの恋」が流行語となった。とてもまねできそうもないが▼戦後政治の総決算を掲げた中曽根康弘元首相が101歳の長寿で亡くなった。人生の総決算が豊かなものになるように、それぞれの思秋期をうまく乗り越えたい。
 

おすすめ記事

四季の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは