低病原性鳥インフル アジアで発生続く 農水省、農家に警戒呼び掛け

 愛媛県で野鳥のふんから今シーズン初めて、低病原性鳥インフルエンザウイルス(H7N7亜型)が確認された。韓国では既に、野鳥のふんからから同ウイルスの確認が相次ぐ。他のアジアの国では高病原性鳥インフルエンザも継続的に発生しており、警戒を強める必要がある。

 韓国で10月以降、飼養鶏では低病原性鳥インフルエンザは発生していない。だが、野鳥のふんから同ウイルスが確認されたケースは15件に上る。11月中旬には日本に近い韓国南東部の慶尚南道でも確認された。ウイルスの型が不明の1件を除く14件が、日本とは異なるH5亜型。

 他のアジア各国では、高病原性鳥インフルエンザの発生が続く。台湾では少なくとも17年以降は毎月、飼養鶏で発生。今年11月にはH5N5亜型とH5N2亜型が1件ずつ見つかった。インドネシア、ベトナム、ネパールでも継続的に発生している。

 今季初の低病原性鳥インフルエンザウイルスの確認を受け、農水省は農家に警戒を呼び掛けている。農場では、野鳥などの野生動物が鶏舎に侵入しないよう、防鳥ネットなどの確認が必須。農場に入る車や人、モノの消毒の徹底も求められる。鳥インフルエンザは低病原性でも、飼養鶏で発生した場合には農場の全羽殺処分が必要となる。
 

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは