2019年 平均気温過去最高に 続く災害 温暖化が影響 人、大地を直撃

8月、九州北部を襲った集中豪雨。ハウス内に60センチ以上浸水し、植えたばかりの菊は全滅した(福岡県久留米市で) 

10月、台風19号で千曲川が決壊。濁流で園地に押し流された車が水の勢いを物語る(長野県長野市で)

相次ぐ台風


 台風15号は9月9日、千葉市に上陸し、最大瞬間風速57・5メートルを観測した。千葉、茨城県を中心にハウスの倒壊や収穫間近の梨の落果などで、甚大な被害が出た。千葉県内では送電の鉄塔や電柱が倒れて停電が発生。搾乳ができずに牛が乳房炎になり、暑さで鶏が熱死するなど畜産の被害も大きかった。

 台風19号は10月12日に伊豆半島に上陸。気象庁は13都県での大雨特別警報を発表した。

 神奈川県箱根町では、全国歴代1位となる日降水量922・5ミリを観測。少なくとも71河川140カ所で堤防が決壊した。

 地球温暖化で日本列島付近の海水温が高く、大型の台風が勢力を保ったまま上陸したことが被害を大きくした。

 人的被害は台風15号が死者3人、台風19号では死者99人となった。農林水産被害額は15号が814・8億円、19号(台風21号に伴う大雨含む)が3191・3億円。合計すると、4006・1億円に達し、18年の西日本豪雨の3409・1億円を超えている。
 

地震


 1月3日、熊本県熊本地方を震源とする地震があり、同県和水町で震度6弱の揺れを観測した。地震の規模はマグニチュード(M)5・0。2月21日には北海道胆振地方中東部を震源とする地震(M5・7)が発生し、厚真町で震度6弱を記録した。いずれも大きな農業被害は報告されていない。

 6月18日、山形県沖を震源とする地震(M6・8)が発生。新潟県村上市で震度6強を観測した。この地震で震度6弱を記録した山形県鶴岡市の水田では液状化と思われる現象が発生し、稲が株ごと数センチ持ち上がった。
 
1 2

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは