営農指導いつでも 動画サイトで配信 神奈川・JAかながわ西湘

 JAかながわ西湘は31日、動画投稿サイト「ユーチューブ」に「JAかながわ西湘公式チャンネルYouTube」を開設した。営農技術を中心とした動画を通じて組合員に、「今、その場で役に立つ情報」を届けていく。組合員の要望に応えた取り組みで、JAによると、こうした技術情報を動画で配信するのは珍しく、営農技術の向上に期待している。

 JAは今年度、インターネット交流サイト(SNS)による情報発信に力を入れている。昨年6月にメールマガジン、JAグループのスマートフォンアプリ「旬みっけ!」、インスタグラムを目的ごとに活用。登録者数も毎月増加している。

 今回のチャンネル開設は、JAが昨年開いた新規就農者との意見交換会や組合員座談会で出た「農業技術などの講習会に参加しても、その場限りの知識で終わってしまう。実際の現場で閲覧できる動画配信に取り組んでほしい」という要望に応えたもの。動画配信をすることで、いつどこにいても欲しい情報が得られる。

 最初の投稿は、JAの技術顧問が講師となった「カンキツ・ウメ・カキ初心者剪定(せんてい)講座」を配信した。今後は技術関連の動画に加え、料理講習会をはじめとした組織活動にも活用の幅を広げていくことにしている。

 2月上旬をめどに、JAのホームページからも見られるようになる予定だ。
 

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは