梅・桃の大敵「ウメ輪紋ウイルス」 「弱毒」変異で検疫するり 検査技術向上を 東京大学研究チーム

 東京大学の研究チームは、梅や桃などに被害を与えるウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス=PPV)が、一時的に変異して弱毒化し、感染力や症状を抑えた際に検疫をすり抜け、海外から侵入・拡散したことを発見した。同様の仕組みは人や家畜の病原性ウイルスでもあるとみられ、研究チームは、高度な検査技術の開発や普及の必要性を訴える。

 PPVは、梅や桃、スモモなどの葉に斑点や輪紋を生じさせ、品質などを低下させる。アブラムシ類や感染した穂木、苗木でまん延する。2009年に東京で初めて確認。これまでに12都府県で発生した。

 同大の前島健作助教らの研究チームは、11都府県40市町村で採取したウイルス200検体以上の全遺伝情報を調べた。その結果、特定の遺伝子部位が、感染力や症状の激しさなどの変化をもたらすことを突き止めた。

 この部位のアミノ酸が変異し弱毒化して、症状が分かりにくくなったものが関西に初めて侵入。その後、国内で拡散する中、多くのウイルスが再変異して、再び病原性を強めたと考察する。弱毒化はウイルスにとって不利にみえるが、前島助教は「発症が抑えられるため、検疫などで見逃される可能性が高くなり、分布拡大に有利に働く」と指摘する。極微量の病原体でも検出可能な検査技術の開発・普及などを訴える。

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは