共済、信用1台でOK タブレット全国展開 JA共済連 農林中金

信用・共済の両方で使えるJA担当者向けタブレット端末(東京都千代田区で)

 JA共済連と農林中央金庫は7日、JAの渉外担当者向けに、共済と信用の両方の業務で使えるタブレット端末の全国展開を始めたと発表した。これまで共済業務には端末があったが、同じ端末で、信用業務に必要な利用者情報の確認、集金、スケジュール管理、提案などができるようにする。業務効率化の他、利用者の信用・共済の実績を踏まえた効果的な提案ができる。すでに全国のJAで約1万5500台を導入している。……
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは