日本農業新聞 農業・JAスキルアップキャンペーン 4月23日(金)正午まで実施中!

日本農業新聞 農業・JAスキルアップキャンペーン 4月23日(金)正午まで実施中!
 

 進学、就職、昇格などの時期となる春は、気持ち新たにスキルアップをはかるには絶好の季節です。コロナ禍で増えた在宅時間の有効活用にも、「じっくり読んで学びを深める」新聞は、最適なツールです。

 

 一般紙には掲載されない、農家・農村目線の記事や、農業・食品業界の話題が豊富で、就職活動にも役立ちます。
 

  今、日本農業新聞の公式Webサイトから購読の お申し込み をしていただくと、農業・JAに関する専門用語を分かりやすく解説した『農業・JA用語集』(非売品)をもれなくプレゼントいたします。 この機会にぜひ お申し込みください!  

 

日本農業新聞 農業スキルアップキャンペーン(用語集プレゼント) 

実施期間 4月23日(金)正午まで
購読料 月額2,623円(税込)
※北海道は日曜休刊で月額2,520円(税込)
対象条件 当サイトより新規で6カ月以上の購読申し込みをされた方
国内在住の方に限ります


 

『農業・JA用語集』とは?

日本農業新聞のオリジナル用語集です。これさえあれば農業とJAが分かります。
※ご購読開始1カ月後をめどに発送します


 

多彩な紙面

紙面では、農政や、最新の営農技術はもちろんのこと、業界研究に役立つ情報が満載です。ビジネスや就職活動、自己研さんに、日本農業新聞の情報を活用してみませんか。

【農業】 × ビジネス

食や小売り、情報通信など、各業界が取り組むアグリビジネスを紹介。新型コロナウイルス禍における農畜産物のトレンドも追いかけます。

【農業】 × ICT

情報通信技術(ICT)や人工知能(AI)といった最先端技術を使い、作業の精密化や農機の自動運転を可能にするスマート農業が広がっています。省力化や作物の品質向上など、効果を挙げているサービスを紹介します。

【農業】 × 若者

未来の農業・地域を支える若手農家や農業高校生の活躍を発信します。若者が活躍できる農業の在り方も追求します。

【農業】 × 地方創生

地方ににぎわいを生む「まち・ひと・しごと創生」の取り組みを追います。関係人口を増やす活動や、地域おこし協力隊の活躍もお届けします。

 

日本農業新聞公式Webサイト 2020年のPV数ランキング

順位 記事の見出し
1 新型コロナ拡大で食料生産国 自国優先し輸出制限
2 経営継続補助金 申請受け付け開始
3 新型肺炎で余波「マスク買えない」 豚熱対策、食品加工 衛生第一…
4 和牛消費へ商品券 経済対策自民が検討
5 持続化給付金「売り上げ実績なし」は対象外 はざまで立ち尽くす
6 バッタ大発生で食料不足 アフリカ・アジア4200万人危機
7 次期作支援策 中山間地に加算措置 園芸農家らへ助成
8 新・低価格トラクター 「中型」用途幅広く 全農
9 緊急経済対策 減収農家 支援が柱 事業の申請本格化
10 旧式農機 装備後付け 無料点検 下取り 各社が対策
 

 

読者からの声

読者からのコメント

 

購読申し込みはこちら
 

おすすめ記事

検索

e農サーチ e農サーチとは