家畜遺伝資源、登録品種保護 不正流出防止を強化 3法案を閣議決定

 政府は3日、家畜遺伝資源の不正流通を防ぐことを目的とした新法の家畜遺伝資源の不正競争防止法案と家畜改良増殖法改正案、登録品種の海外流出防止を狙った種苗法改正案を閣議決定し、国会に提出した。和牛遺伝資源の中国への不正流出未遂事件などを踏まえ、保護に向けた法制度を整備する。種苗法改正案も登録品種の保護が目的で、輸出先や栽培を認める地域以外での栽培を制限。登録品種の自家増殖は許諾制にする。……
 
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは