[活写] 食卓で“咲く咲く”

ギフト商品として人気を集める「花ベジ」。地元農業のPRと農家の収入向上につながっている(山梨県北杜市で)

 色鮮やかな乾燥野菜「Hana Vege(花ベジ)」で食卓を華やかに彩って──。乾燥野菜を、色合いや味のバランスを調節しながら円筒型やドーム型のケースに詰め込んだもの。山梨県北杜市の地域おこし会社である「FOOD AGRI NEXT LAB(フードアグリネクストラボ)」が提案する。

 材料は、地元の有機農家グループから仕入れたダイコンやトマト、ニンジン、キュウリ、サツマイモなど50種類にも及ぶ野菜を使う。新鮮な野菜を加工するのがポイント。代表取締役の八木橋晃さん(47)は「花と見間違える消費者も多い」と話す。

 水戻しが不要で、スープに入れたり、サラダに掛けたりして使う。見た目に加え、パリパリとした食感も楽しめる。

 地元の農産物直売所、道の駅、インターネットなどで販売している。2019年の発売から約500個以上を売り上げた。(釜江紗英)
 

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは