農高・大学校HPコン 大臣賞に五條高校(奈良) ネットで表彰式

受賞校と主催側をインターネットでつないだ表彰式(25日、東京都内港区で)

 全国農業高校・農業大学校ホームページ(HP)コンテストで、慶応義塾大学SFC研究所などは25日、インターネットで受賞校と東京都港区にある同大をつなぎながら表彰式を行った。奈良県五條市が運営する県立五條高等学校賀名生分校が最高位の農林水産大臣賞に輝いた。表彰式は新型コロナウイルス感染症に配慮。HP製作を手掛けた教職員らはスクリーン越しに受賞の喜びを語っていた。

 コンテストは、農業におけるIT分野の振興が目的で、今年が4回目。主催は研究所が運営するアグリプラットフォームコンソーシアム。同分校のHPは、生徒らの活動、地元の協力農家などを写真で見やすく紹介し、地域と学校が一体となっている点が評価された。同分校のHPは、農水省のHPのトップ画面で紹介される。

 同コンソーシアム代表を務める同大学の村井純教授は「情報化社会の中で、農業教育の現場がいかにホームページを活用しているかは農業振興の上で大切だ」と強調した。

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは