特産「千屋牛」プレゼント JA晴れの国岡山 合併記念キャンペーン

キャンペーンと「スイートピー」をPRする北村さん(岡山県倉敷市で)

 岡山県内8JAが合併し、4月に発足したJA晴れの国岡山は「合併記念!JA晴れの国岡山 晴れて一つにキャンペーン」を始めた。30人に特産の「千屋牛」A5ランクサーロインステーキ2枚(400グラム)をプレゼントし、農畜産物の消費拡大や地域活性化を目指す。

 JAは正組合員数が10万468人(2019年3月末現在)と、全国第1位。特産もブドウ「ピオーネ」や、スイートピー、夏秋トマト、黄ニラ、「千屋牛」など多彩な農畜産物がある。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、イベントの自粛や休校による学校給食の中止、インバウンド(訪日外国人)の減少などで、農畜産物の需要が停滞しているため、キャンペーンで地元の特産に関心を持ってもらい、お取り寄せ需要の増加も期待する。

 応募はインターネット交流サイト(SNS)、専用応募フォーム、JA旬みっけ、JA広報誌を通じて行う。SNSは、フェイスブック、インスタグラム、ツイッターから応募が可能だ。

 キャンペーン期間は5月15日まで。倉敷市船穂町でスイートピー25アールを栽培するJA船穂町花き部会会長の北村明成さん(50)は「キャンペーンを通じて、明るい地域農業をPRしてほしい」と期待する。
 

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは