「おいしい」「健康」で消費増 「米回帰」若い女性が鍵 簡便化ニーズ顕著 農水省が初調査

 20、30代の女性にご飯食回帰の兆しが見られることが初の農水省の調査で分かった。5年前と比べ米の消費量が「増えた」と回答した割合が他の層より高く、味や「健康に良い」とのイメージが理由に挙がった。一方、50代以上では男女とも「減った」の回答が多かった。米離れは若年層中心だった傾向に変化が生じている。米の消費拡大に向けて、消費の変化を捉えた対応が必要になる。

 調査は、国民の消費動向を把握し、米の消費拡大策や産地の生産方針に役立てるため、同省が初めて行った。2、3月にインターネットを活用して3231人から回答を得た。

 5年前と比べた米の消費量は「変わらない」が59%と最も多かった。一方、「減った」(28%)は「増えた」(14%)の2倍で消費減の傾向が強い。

 性別・年代別に見ると、どの層も「変わらない」が最多だが、「増えた」が全体平均より多いのが20、30代の女性で、それぞれ23%と22%。「増えた」が「減った」を唯一上回ったのが、30代女性だった。

 増えた理由を複数回答で尋ねたところ、20代女性は「米が好きになった・味が良くなった」(44%)、「食べ応えがある・腹持ちが良い」(33%)、「健康に良いと感じた」(26%)の回答が多い。30代女性は「米が好きになった・味が良くなった」(28%)が他の理由を大きく上回った。

 一方、減少が目立ったのが高齢層。60代以上の男性、50代以上の女性はいずれも「減った」が4割を占め、「増えた」を大幅に上回った。理由として、おかずを増やして主食を減らしたり、食事量全体を減らしたりするとの回答が多かった。

 消費に影響を与えているとされる低糖質ダイエットについては、男女とも「現在やっている」という回答が他の層より多いのが60代以上。若い層でも「今後やってみたい」という回答が2、3割を占め、今後も消費に影響を与えそうだ。

 今後の消費量については「今のままでよい」が全体の7割で、年代が上がるほど回答割合が高まった。性別・年代別では「今よりも食べたい」の回答割合が多いのは男女とも20代で、若い世代が今後の米消費を支える鍵となる。

 一方、今より食べたいと思っていても食べていない理由としては、若い世代ほど「炊飯の手間」を挙げた。簡便さが今後も消費のキーワードになりそうだ。
 

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは