ブラックベリー飲むお酢 新潟・阿賀町

ブラックベリー飲むお酢

 新潟県阿賀町の農家、山口庫幸さん(69)が育てたブラックベリーを使った飲む酢。黒い食べ物に着目し山口さんが特産化を進める「奥阿賀ブラックフーズ」の新商品だ。ブラックベリーはアントシアニンが豊富で健康志向の消費者に人気だ。
 
 無農薬で栽培し、完熟した果実だけ収穫し、加工まで冷凍保存。酢への加工は新潟市の醸造会社に委託する。果汁にアルコールを添加し、低温で50時間掛けて造る。「飲むお酢」は希釈タイプで3倍に薄める。山口さんは「甘くて子どもにも飲みやすい。暑くなる時期に健康維持にお薦め」とPRする。

 価格は1本(200ミリリットル)800円。原液は1本(150ミリリットル)1000円(いずれも税別)。問い合わせは奥阿賀創世事業、(電)0254(92)5316。

おすすめ記事

一村逸品の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは