[新型コロナ] 農作業を大学生が応援 人手確保に一役 JAふくしま未来 職業紹介所など

営農指導員から技術指導を受ける金城さん(左)(20日、福島市で)

 JAふくしま未来と包括連携協定を結ぶ福島大学は20日、繁忙期を迎える果樹農家の援農活動を始めた。学生20人が果樹農家6人の下で活動する。JAは、コロナ禍で労働力不足の農家と経済面で不安を抱える大学生を全面的にサポートする。6月下旬まで続ける予定。援農を希望する福島市と伊達市の果樹農家を、JA無料職業紹介所とJAの子会社「みらいアグリサービス」が取りまとめた。

 JAは、就労を希望する学生を仲介あっせんすることで、農業の労働力確保と学生の就労要請に対応する。また、圃場(ほじょう)までの移動手段や昼食代の一部支援を行い、利便性と経済的負担もサポートする。給料は時給制で、活動終了後に支給される。

 今回は桃とリンゴ、梨、ブドウの4品目で、摘果や袋掛けなどの作業に当たる。営農指導員が援農の技術指導を行い、農家の負担を軽減する。伊達市で桃1・2ヘクタール、リンゴ1ヘクタールを栽培する鈴木聡さん(59)は「面積も増えてきたので、人手が増えて助かる」と話す。

 岡山県出身で福島大学1年の金城龍蔵さん(20)は「アルバイトができないのでうれしい。農業も学べるので役に立てるように頑張りたい」と意気込む。

 同日、福島市の北信支店で開いた出発式には、学生やJA役職員ら36人が出席。菅野孝志組合長と小山良太教授があいさつ。研修会では、JAの担当者が桃とリンゴの摘果を説明した。

おすすめ記事

新型コロナの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは