バーチャルまるしぇに登場 地場産の魅力PR JAあいち中央でんまぁと安城西部

開店前に生放送する永谷さん(愛知県安城市で)

 JAあいち中央ファーマーズマーケットでんまぁと安城西部で、ウェブ会議アプリ「ZOOM」を使った「食育ソムリエ・バーチャルまるしぇ」の生配信が行われた。

 「食育ソムリエ・バーチャルまるしぇ」は、新型コロナウイルス禍による農産物流通を支援する一環として、日本協同組合連携機構(JCA)が開設したインターネット番組。

 このほどJAでんまぁと安城西部の永谷直美マネジャーが、売り場に並んだ赤シソやトウモロコシといった地場産農産物を、調理法を交えながらPRした。お薦め野菜を紹介すると共に、注文をメールで募り、先着10人に代引き発送した。

 永谷さんは「見た人から早速注文があってうれしい。今後もITツールを使って、どんどん地場農産物をPRしていきたい」と話した。配信された内容は、食育ソムリエバーチャル産直市のフェイスブックや動画投稿サイト「ユーチューブ」で視聴できる。
 

おすすめ記事

新型コロナの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは