果樹無人SS 長野のメーカー開発 遠隔操作で軽労化

コントローラーで操作する無人SS(長野市で)

 無人ロボットの開発を手掛ける長野県のメーカーが、遠隔操作できる果樹用のスピードスプレヤー(SS)を開発した。SSは乗用が一般的で、同社によると、人が乗らず遠隔操作できるSSは業界初。遠隔操作と位置情報を利用した自動走行が可能で、作業者の労力軽減や安全性向上につながる。傾斜園地や醸造用ブドウの垣根栽培での活用が見込め、スマート農業の推進に貢献していく。

 開発したのは、イーエムアイ・ラボ(長野県富士見町)。全長120センチ、幅105センチと小型で、軽トラックで運搬できる。基本のタンク容量は150リットルだが、50~200リットルから選べ、傾斜40度まで対応できる。バッテリーで走行。走行部の中央にタンクを載せ、後部にモーターファンとノズルを付けた。

 遠隔操作は、コントローラーで前後左右の走行や、散布の開始・停止ができる。車体前方にカメラを取り付ければ、作業小屋などの室内で映像を見ながら操作できる。同社は「暑い時期も室内で作業でき、体の負担を減らせる」と強調する。

 ノズルは左右に3個ずつ。噴射は両側と左右片側を切り替えられる。噴射角度は栽培品目に応じて変えることができ、葉の裏側も薬剤をしっかり散布できる。

 自動走行で使う場合は、衛星利用測位システム(GPS)と地上に設置した基地局の位置情報を使い、走行ルートを定める。実際に通った軌道や車両の状態は、パソコン画面で確認する。ルートから外れたらすぐに止められる。

 新機能や操作の改善をするため、基本的にリースを想定する。3年間で本体価格は85万円(税別)、保守料が年間15万円(同)。問い合わせはイーエムアイ・ラボ、(電)026(217)8390。

 

動画が正しい表示でご覧になれない場合は下記をクリックしてください。
https://www.youtube.com/watch?v=P4xirT2plug

おすすめ記事

動画ニュースの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは