[新型コロナ] コロナ禍で販売不振、凶作… 伝統 ジュンサイ ゆらぐ 「飯食えねくなる」 秋田県三種町

「例年と比べてまだまだ小ぶりだ」と肩を落とす北林さん(秋田県三種町で)

ジュンサイを選別しながら「例年だともっと量が多い」と話す従業員(同町で)

 新型コロナウイルスの影響が、秋田県特産のジュンサイに大きな打撃を与えている。国内生産量の9割を占める同県三種町では、主な出荷先である首都圏の飲食店や旅館からの注文が激減。ただでさえ、春先の低温で収量は平年の半分にとどまるだけに、販売不振と凶作の二重苦に苦しむ。ツルツルとした食感で、初夏の味として親しまれ万葉集にもうたわれる“伝統の食材”が揺らいでいる。(高内杏奈)

 「本当にまいった。もう飯食えねくなる」

 半世紀近く生産する北林辰男さん(73)は顔をゆがめる。畳1枚ほどの箱舟を1本のさおで操り、湖面を覆う若葉をかきわけながら、腕を入れて若芽を摘み取る。北林さんの左手は、長年竿を操ってきたことで慢性的な腱鞘(けんしょう)炎だ。「水に手入れたら空手で戻るな」。何度も師匠に言われた。「離農を考える農家もいて、万葉集にもうたわれるジュンサイの長い歴史が揺らいでいる。ジュンサイに命かけてきた。これからどうなっちまうんだ」。不安で震えるこぶしを握りしめた。

 収穫は5月下旬から6月中旬がピークで、8月まで続く。19年は降雨が少なく、水不足で生産量が低迷した。今年は懸念していた暖冬による水不足は持ちこたえたが、春先の低温が響き、生育が遅れた。同町を管内に持つJA秋田やまもとジュンサイ流通加工施設の担当者によると、例年なら1日1・5トンの集荷があるところ、生育が遅れたことで小ぶりなものが多く、1トンも満たない。

 JAは収穫した7割を飲食店などの業者に出荷し、うち8割は首都圏だ。それらの注文は5月はほぼゼロ、22日時点では例年の2分の1と少ない。自粛解除で飲食店が徐々に再開しているが、客足は思うように戻らず、影響は長期にわたるとみる。JAが農家に払う支払価格も今年は平年の半値近くにとどまっている。買い取り価格は集荷量が増えるにつれて引き下げるが、既に例年の最低価格に達した。

 同町のジュンサイ農家は190戸(19年度)。ピーク時の1991年と比べ、約7割減となっている。JA生産部会の主軸となる年齢層は70歳超えだ。JAは「離農する農家が増え、紡いできた伝統の味が消えることが一番怖い」という。

 町は今年度1キロ当たり40円としていた出荷助成金に、30円上乗せする方針を出した。農林課は「ジュンサイは町の基幹産業。収穫体験など観光事業としても重きを置いている」とし「離農を防ぎ、歴史長いジュンサイの早急な支援策を施したい」と話した。

 苦境に立たされた中でも、伝統的な初夏の味覚が消えてしまわないよう、生産者は歯を食いしばり今日もジュンサイ沼に向かう。
 

業務用の需要減少 家庭向けレシピ公開


 10年以上選別作業に携わる桜庭律子さん(60)は「旬の期間が短いため、家庭でも食べてほしい」という。酢の物の他、産地では鍋の具材や天ぷらにして食べる。JAはホームページでレシピを公開し、家庭での消費を促す。

 「今後の注文に備え、収穫・出荷作業をこなす。2年続く不作と新型コロナの影響は大きいが、ここが正念場。産地一体となって山場を乗り越えたい」(営農販売課)。

 農水省災害総合対策室はコロナ禍で「全国の地域特産物は首都圏から注文がストップされ、困窮している」という。

 地域色を生かした特産物は、一般家庭での消費よりも首都圏の飲食店や旅館などに供給している場合が多い。「地域の柱となす特産物の消費が落ち、打撃は大きい」とみる。

おすすめ記事

新型コロナの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは