サトウキビの搾りかすから “口蹄疫” 抗ウイルス物質 京大

 京都大学の研究グループは、サトウキビの搾りかすから抗ウイルス物質を生産することに成功した。口蹄疫(こうていえき)ウイルスと近縁のウイルスを使った実験では、ウイルスの増殖をほぼ抑えることができた。同物質がウイルスの表面にくっ付き、ウイルスの感染能力を低下させるとみる。研究グループは「畜舎などに散布することで、ウイルス感染症のまん延を抑制することができる」と期待する。

 サトウキビの搾りかすは製糖過程で発生し、一部で処理が課題となっている。……
1 2

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは