豚熱・経口ワクチンベルト 西日本で拡充・新設 農水省

豚熱の感染拡大防止に向け、農水省は今年度、野生イノシシ対策の柱に掲げる経口ワクチンベルトを強化している。西日本で、既存の「第1」「第2」ベルトを拡充する他、兵庫と京都・大阪の府県境に沿うように「第3」ベルトを新設。豚熱の拡大に歯止めがかからない中、より強固な“包囲網”を構築する。
 

包囲網 より強固に


 同省は昨年9月、野生イノシシ対策の柱として経口ワクチンベルトの構築を打ち出した。その後、感染イノシシの発生状況などを踏まえ、経口ワクチンの散布県を追加。西ベルトは現在、福井、滋賀、三重を貫く第1ベルトと、京都に設置された第2ベルトで構成される。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは