青森のサクランボ新品種 ジュノハート初せり 1粒2万円!

せりにかけられる「ジュノハート」(30日、青森県八戸市で)

 青森県が育成したサクランボ新品種で、1日から全国デビューする「ジュノハート」の初せりが30日、青森県八戸市の八戸市中央卸売市場であった。上位等級品「青森ハートビート」の最高値は1粒2万円となる1箱(1箱15粒・約250グラム)が30万円で落札され、昨年の15万円を大幅に上回った。

 「青森ハートビート」は13箱、「ジュノハート」は23箱(1箱15粒・約180グラム)と15パック(1パック100グラム)がせりにかけられ、次々と落札された。出荷したJA八戸さくらんぼ専門部の山田仁志部長は「30万円の高値に驚いた。専門部員一同で話題作りに努めていきたい」と話した。

 「ジュノハート」は糖度が約20と甘味が強くて粒が大きく、形状は名の通りハート形。中でも直径が31ミリ以上と大きく、色つやの良い4L級・秀品以上の果実が「青森ハートビート」。1日から東京都内の百貨店と果実専門店、2日からは大阪の百貨店で発売が始まる。
 

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは