自民水田議連が決議 米需給対策強化を 20年産 用途転換促進求める

 自民党の水田農業振興議員連盟は30日、2020年産米の万全な需給調整に向けた決議を採択した。新型コロナウイルスの影響や在庫増による需給緩和を懸念。生産者やJAと連携し、輸出や飼料用途への転換といった取り組みの強化を政府に求める。規制改革推進会議が見直しを提起している農産物検査制度の堅持も訴える。……
 
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは