唐揚げ市場 熱帯びる 巣ごもり長期化 異業種も参入

 旺盛な中食需要を背景に、唐揚げ市場が熱を帯びている。“巣ごもり”の長期化で消費者の“調理疲れ”も見える中、手軽に食卓の主役にできる唐揚げの持ち帰り需要が急増。専門店は大きく売り上げを伸ばし、異業態からの参入も相次ぐ。民間調査会社の予測では、2020年の市場規模は前年比2割の伸びが見込まれており、国産鶏肉にとっても商機が拡大している。


 外食チェーン大手・すかいらーくグループの「から揚げ専門 から好(よ)し」では4月以降、売り上げが前年比50~60%増と大きく伸びた。持ち帰りの比率は従来の4割から6割に増加。「在宅勤務や外出の自粛で家庭での食事の頻度が増え、昼食の弁当などでの需要が高まった」という。

 学校の休校もあり、幅広い世代から支持される唐揚げが人気を集めた。同店は全国に96店舗を展開し、ムネ肉と手羽先の唐揚げで国産鶏肉を使う。

 中食需要の高まりを受け、居酒屋など異業態からの参入も相次ぐ。

 居酒屋チェーン大手のワタミは、18年にオープンした「から揚げの天才」の出店を今年から本格化。7月上旬までに関東23店舗に拡大した。販売構成比の9割を持ち帰りが占め、一部店舗では宅配にも対応する。同社は「売り上げは想定の1、2割増しと好調。商店街の店舗では、おかずとして買う主婦層が多い」と話す。

 神奈川、東京で飲食店を展開するローカルダイニング(神奈川県川崎市)は、川崎市の既存店舗を活用し、持ち帰り専門の唐揚げ店「宇佐からあげ禅閤」を5月下旬にオープンした。原料は国産若鶏だけ。1日平均50~60人が来店し、ムネ肉とモモ肉の唐揚げのミックス商品(100グラム280円、税別)が売れ筋という。

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは