#農家の皆さんありがとう 全農×卓球・石川選手 発信呼び掛け

動画でメッセージを伝える石川選手(JA全農提供)

 JA全農と卓球日本代表の石川佳純選手は31日、新型コロナウイルス禍でも農畜産物の供給を続ける農家に感謝し、応援する機運を盛り上げるプロジェクトを始めた。石川選手の農家への感謝のメッセージをインターネットで公開。ツイッターで「#農家の皆さんありがとう」というハッシュタグを広める。農家の頑張りを多くの人に気付いてもらう。

 同日公開した動画では、石川選手がコロナ禍で練習できない中、農家の生産した米や野菜、肉、牛乳などの食事で「温かい気持ちになれた」と感謝のメッセージを発信。「この機会に農家の方々に感謝の気持ちを伝えましょう」と呼び掛ける。

 8月中旬にはメイン動画を公開し、石川選手が吹奏楽部の高校生らと、感謝の気持ちを込めた全農のCMソング「大地のエール」を演奏する。

 全農は、ツイッターの「全農広報部スポーツ応援」アカウントでプロジェクトをPR。ハッシュタグを使う人を増やしていく考えだ。

 全農の担当者は「石川選手の思いと共に、農家への感謝と応援の気持ちを全国に広げていきたい」(広報SR課)と話している。
 

おすすめ記事

新型コロナの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは