[新型コロナ 備えて前へ] “密”避けて 「アンシン オトドケ」

ロボットが配膳する「キラキラレストラン焼肉黒真」の店内(新潟市で)

 「お待たせしました。お客さまのお料理をお持ちしました」

 料理の配膳でロボットが活躍するのは、新潟市の焼き肉店「キラキラレストラン焼肉黒真」。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぎながら、ブランド牛「にいがた和牛」などの消費拡大につなげていく。

 ロボットの名前は「エイミー」。高さ1・5メートルの人型で、胸部のトレーに料理を載せて客席まで運び、客が受け取ると自動で待機位置まで戻る。タイヤを備え、店内を自在に移動する。

 同店は新型コロナ対策で4カ月ほど休業していたが、7月の営業再開に当たってロボットを取り入れた。従業員と客が接近する回数を減らし、安心して食事を楽しんでもらう。現在は、配膳作業の1、2割をロボットが担っている。

 同店の山田菊夫支配人は「新型コロナ対策だけでなく、ロボットの配膳は面白いと家族連れに非常に人気」と手応えを話す。


 

動画が正しい表示でご覧になれない場合は下記をクリックしてください。
https://www.youtube.com/watch?v=RaWq60cR9iU 

おすすめ記事

新型コロナの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは