秋田県農試が実証 水田センサーで良食味 深水確実に、収量も増

 水田センサーを稲作の深水管理に応用し、良食味米の安定生産ができることを、秋田県農業試験場が実証した。水位を正確に把握し、きめ細かな水管理をすることで、全量1等米、玄米タンパク質含有率6・0~6・4%の目標を達成した。水管理の省力化に加え、品質向上にもセンサーが役立つことを示した。農研機構・農業技術革新工学研究センターなどとの共同研究。……
1 2

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは