米需要量 38都府県で前年割れ コロナで業務用苦戦

 2019年7月から20年6月までの主食用米の都道府県別需要量(速報値)で38都府県が前年を割り込み、販売に苦戦している実態が農水省のまとめで分かった。民間在庫量も積み上がる中、産地からは、需要低迷の長期化を懸念する声が上がる。中長期的な需給安定のためにも、需要に応じた主食用米生産が必要となっている。……
 
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは