台風9、10号 連続で落果 晩生梨 2割減も 九州

台風10号で落果した梨園。農家は落果を免れた実の管理や落ちた実をすき込むために袋を外す作業を、黙々と進めていた(8日、佐賀県伊万里市で)

 9、10号と続けて台風が接近した九州では、収穫を控えた果実の落果被害が相次いだ。佐賀県伊万里市では、特産の梨が被害に遭った。田中信浩さん(60)の園地では、収穫適期がまだ先の晩生種「新高」「愛宕」が10号で落果。9号の被害も合わせると、晩生種の2割ほどが出荷困難な状況だ。

 田中さんは7日午前3時ごろ、強い風の音で目が覚め、風が収まってから様子を見に行き落果を確認した。ただ、出荷終盤の「豊水」などは前日までにほぼ取り終えていた他、実の一部をロープで枝に固定していたため「想定より被害は少なく済んだ」という。園地がある同市南波多地区では、他の農家も被害を受けた。田中さんは「落果を見ると農家は気落ちしてしまう。高齢の人も多く、気持ちを保てるか心配だ」と明かす。

 市は9号通過後に被害調査を進めていたが、10号接近で「被害件数はさらに増える」(農業振興課)とみる。8日現在の9号関連被害は農作物が66件で、うちハウスの支柱損壊とビニールの破損が33件。被害額はハウス関連だけで538万円に上る。畜舎の屋根の破損などが15件、農機などの被害も4件あった。10号での被害は調査中で、JA伊万里も被害状況を調べている。
 

台風10号被害 農相 支援策を検討


 江藤拓農相は8日の閣議後会見で、台風10号による農業被害の発生を受け「被害から立ち上がるための十分な対策を立てるよう、検討を進めていきたい」と表明。詳細な被害状況や被害額については、二次災害の可能性もあり、現時点では把握しきれていないと説明した。

 農相は台風10号によって、九州・沖縄地方でハウスの損壊や水稲・サトウキビの倒伏、果樹の落果、畜舎の損壊といった被害が発生していると明らかにした。支援内容については、これまでの災害で講じた対策を踏まえて検討する考えも示した。

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは