菅内閣が発足 農相に野上浩太郎氏

衆院本会議で首相に指名され、起立する菅氏(16日、国会で)

 自民党の菅義偉総裁(71)は16日召集の臨時国会で、第99代の首相に指名された。皇居での首相親任式と閣僚認証式を経て、菅内閣が正式に発足。農相には同党参院議員の野上浩太郎元官房副長官(53)を起用した。初入閣となる。国政で農林関係の要職経験はないが、菅首相は自身や安倍政権を副長官として支えた実務能力を評価したとみられる。野上農相に、輸出拡大や農政改革の推進を指示した。
 

首相、農政改革を指示


 菅首相は就任会見で「秋田の農家の長男に生まれた私の中には、日本の全ての地方を元気にしたい気持ちが脈々と流れている」と強調。地方活性化策として農林水産物・食品の輸出をさらに拡大する考えを示した。「行政の縦割り、既得権益、あしき前例主義を打ち破って規制改革を全力で進める」とも述べた。

 野上農相は参院富山選挙区で当選3回。総裁選で菅氏を支援した、党内最大派閥の細田派に所属する。2016年8月から約3年間、安倍内閣で官房副長官を務めた。

 野上農相は首相官邸で記者団の取材に応じ、菅首相に「農林水産品の輸出、農林水産分野の改革等をしっかり進めてもらいたい」と指示されたことを明らかにした。

 その上で、「農林水産業は国の基。美しい農山漁村をしっかり次世代に引き継いでいかないといけない」と強調。「喫緊の課題はコロナへの対応」と述べ、新型コロナウイルスによる農産物の消費低迷や、生産基盤の弱体化への対応を最優先する考えを示した。

 野上農相は、需給緩和が懸念される20年産米への対応や、食料・農業・農村基本計画の着実な実行に向けた手腕が問われる。菅首相は、自らが主導してきた農産物の輸出拡大を地方創生の切り札と位置付けており、輸出を農家の所得向上に結び付けられるかも課題となる。

 官房長官には、加藤勝信厚生労働相が就いた。萩生田光一文部科学相、西村康稔経済再生担当相らは再任。野上農相を含め、安倍政権の官房副長官を務めた4人が入閣した。菅首相は官房長官時代に自身を補佐した関係性を生かし、安定した政権運営に生かす狙いがあるとみられる。

 菅首相が重視する地方創生の担当相には、初入閣となる坂本哲志元衆院農林水産委員長を充てた。党畜産酪農対策小委員長などを務めた党農林幹部の一人。少子化対策、一億総活躍などを兼務する。

 規制改革担当相には河野太郎防衛相が横滑りで就任した。首相は、発信力のある河野氏を据えることで、省庁の「縦割り打破」や規制改革推進への強い姿勢を示す。河野氏は2度目の就任で、前回は農業分野で指定生乳生産者団体(指定団体)制度の見直しなどに関わった。
 

新農相の横顔 寡黙、真面目な実力派 バスケで全国大会も

 

皇居での認証式を終え首相官邸に入る野上農相(16日、東京・永田町で)
 農相に就任した野上浩太郎氏は1967年、富山市生まれの53歳。初入閣となる。政界では寡黙で実直な人柄で知られ、2016年8月~19年9月に菅義偉官房長官(当時)を補佐する官房副長官を務めた。こうした経験や実力を買っての起用とみられる。ただ、国政で農林関係の要職の経験はない。就任早々、新型コロナウイルス禍や20年産米の需給といった課題に直面するが、農政の手腕は未知数だ。

 元衆院議員の徹氏を父に持つ。慶応大学商学部を卒業後、三井不動産勤務などを経て富山県議に。01年の参院選に自民党公認で富山選挙区から出馬し、34歳で初当選した。再選を狙った07年は苦杯をなめたが10年に返り咲き。16年参院選で3選した。国政では財務政務官、参院文教科学委員長、国土交通副大臣などを歴任している。

 祖父が農協組合長、米どころ・富山の全県が選挙区で、県議時代から農政にも関わったという。官房副長官時代は安倍晋三首相(当時)の外遊にもたびたび同行し、農水省も含む各省庁や国会と首相官邸の連絡役もこなした。ただ、党農林部会長や農水省の政務官・副大臣などの経験はない。

 前任の江藤拓氏いわく「物静かだが、非常に闘志ある人」。農相への起用が報じられた後も「正式に話があってから」と、記者団の取材には慎重に対応した。身長181センチ。中学から大学までバスケットボールを続け、富山高校時代にはインターハイに2年連続出場。キャプテンも務めた。

 趣味はバスケと読書。地元の郷土料理「ますずし」が好物。2女1男の父で、座右の銘は「和して同ぜず」。細田派に所属し、「参院のホープ」との呼び声もある。


■この記事の「英字版」はこちらをクリックしてください。

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは