若村麻由美さん(女優) 食への感謝いつも忘れず

若村麻由美さん

 私は20歳の時に、ドラマ「はっさい先生」でデビューしました。NHK大阪の制作でしたので、9カ月間を大阪で過ごしました。

 東京出身の私は、関東と関西の味の違いに驚かされました。大阪の味を一番強く感じたのは、きつねうどん。しょうゆベースの濃い色のうどんで育ってきましたから、見た瞬間に「透明なんだけど、味は付いているのかしら?」と思ったんです。でも食べてみたら、おだしがしっかりと出ていて。なんておいしいんだろうと。
 

だしの違い驚き


 今でこそ東京でも関西風のうどんを出すお店はたくさんありますが、私は大阪で初めて食べたわけです。今ほど東西の交流が盛んではなかったんですね。

 今度の映画「みをつくし料理帖」でも、関東と関西の違い、当時の言い方をすれば江戸と上方の味わい方の違いが描かれています。上方から江戸に移ってきた主人公・澪の料理は、最初は評判がよくありませんでした。それで悩んだ末、上方の料理を江戸の人たちに受け入れてもらえるような工夫を凝らします。

 映画の中では、食材へのこだわりも描かれています。昆布一つ取っても3種類を取り寄せておだしを取ります。私が演じる芳は夫の形見のかんざしを売り、それで得たお金で、良いかつお節を買います。みりんも最良のものを求めます。私はそのみりんを一口味見するシーンがありますが、本当に味も香りも良い。そのみりんと出合ったからこそ誕生した料理が出てきます。

 丹精して作られた食材が、日本料理をおいしくしてくれているんだと感じさせられました。

 それで思い出したのが、山にいた時のこと。私は小学5、6年生の2年間、山村留学といって、信州の山の中の農家にホームステイをしました。住民票を移して、向こうの小学校に通ったんです。

 その家にはすごく立派な栗の木がありました。落ちたイガを、子どもながらに靴で開いて栗を取り出して、皮を小刀でむいたんです。火を通すのが待ちきれなくて、朝、拾ってすぐに生で食べました。

 「食べ過ぎては駄目。口に草が生えるよ」と言われました。それで1粒か2粒だけ。栗って結構あくがあるので、甘味とともにほのかな青臭さを感じました。

 野菜やお米を作る手伝いもしました。私たち山村留学の子どものために用意された田んぼもありました。その田んぼでは、全部手作業なんです。田植えをしてからずっと大事に育てた稲を、鎌で刈っていき、千歯こきでもみを外してから選別して、木臼でもみ殻を取りました。

 信州ですからソバ畑もありまして、昔ながらに手刈りして棒でたたいて実を外しました。
 

思い出残るそば


 ホームステイ先のお父さんは山にキジを撃ちに行き、お母さんはそば粉を打ってそばを作ってくれました。稲刈りが終わった後の田んぼで収穫祭をする時、キジのだしでおそばを食べたんです。夕日を見ながら。汗水たらした稲刈りの後だから、余計においしかったんでしょう。今でもあの味を超えるそばに出合えていません。

 そういう経験をしたことで、自給自足できるようになりたいと思い、農法もいろいろ調べました。

 気が付けば、この年まで何もしないで、知識だけ。せいぜいハーブを育てて料理に使うくらいです。でも食に携わる農家の方々への感謝だけは、いくつになっても忘れません。(聞き手=菊地武顕)

 わかむら・まゆみ 東京都生まれ。1987年、NHK連続テレビ小説「はっさい先生」でデビュー。近年は舞台での活躍も顕著で、2017年度と19年度に読売演劇大賞優秀女優賞、18年度に菊田一夫演劇賞。主演映画「一粒の麦 荻野吟子の生涯」公開中。「みをつくし料理帖」10月16日公開。朝ドラ「おちょやん」に出演予定。
 

おすすめ記事

食の履歴書の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは