日英EPA 23日署名で調整

 日本と英国の両政府が、9月に大筋合意した経済連携協定(EPA)の正式署名を23日にも行う方向で調整していることが12日、分かった。日本側は26日召集予定の臨時国会で承認し、来年1月1日の発効を目指す。政府関係者によると、署名のためにトラス英国際貿易相が来日する可能性もあるという。

 日英EPAは、農産物に関して英国に輸入枠を新設せず、関税削減・撤廃は欧州連合(EU)とのEPAと同内容で9月に大筋合意した。

 英国はEU離脱に伴う移行期間が12月末に終了。その後は日英間の貿易に日欧EPAの関税率が適用されなくなるため、早期発効を目指していた。
 

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは