JAグループ代表と首相会談 地方創生連携で一致

菅首相(中央右)と面会するJA全中の中家会長(中央左)らJAグループの代表(12日、東京・永田町の首相官邸で)

 JA全中の中家徹会長らJAグループ代表は12日、菅義偉首相と会談し、地方創生などについて意見を交わした。菅首相は、地域活性化に向けた農家所得向上の重要性を強調。JAグループもこうした課題を重視していることを伝え、共に取り組みを進めることで一致した。

 中家会長は、地方創生について「重要な課題だ」と強調。「これからも元気な農業・農村、地域づくりに一生懸命頑張る」と決意を表明した。

 菅首相は「一定の所得があれば地方で生活をしたい人はたくさんいる」と指摘。農林水産品の魅力の発信などを通じた農業所得の向上に意欲を示し「皆さんと一緒に取り組んでいきたい」などと応じた。

 参加者によると、農産物輸出の促進も話題に上ったという。

 会談には自民党の二階俊博幹事長と林幹雄幹事長代理、宮内秀樹農水副大臣が同席。JAグループからはJA全農の菅野幸雄会長とJA共済連の青江伯夫会長、全国農業者農政運動組織連盟会長を務めるJA全厚連の山野徹会長、農林中央金庫の奥和登理事長、全中の金原壽秀、菅野孝志両副会長、馬場利彦専務らも参加した。

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは