21年産米 適正量に衝撃 転作支援の要望続出 農水省食糧部会

 農水省が16日に開いた食料・農業・農村政策審議会食糧部会では、2021年産の主食用米の適正生産量が679万トンと前年より30万トン以上減ったことに、危機感を示す委員が相次いだ。需給の安定には、20年産の実生産量と比べ50万トン以上の減産が必要な計算で「衝撃的」などの声が続出。大幅な転作を実現するため、支援策を早期に示すよう求める意見が出た。……
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは