農・漁協連携し植樹 女性部、職員交流も 北海道・JA標津など

苗木を1本ずつ植え込む参加者(北海道標津町で)

 北海道のJA標津、標津漁協は、農業と水産業が共生する町づくりを標津町と進める。町内を流れる河川の上流と下流域をつなぐ河畔林の維持と水質向上に向けて、JAと漁協が連携した植林を続ける。8年で1・3ヘクタールに3200本の苗木を植樹した。農業と漁業が一体となった植樹活動は、全国的に珍しい。植樹をきっかけに、両協同組合の女性部や若手職員にも交流が広がっている。……
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは