[活写] なが~く 味わって

果実のピューレを板状に乾燥させた「フルーツレザー」。リンゴやミカンなど、さまざまな果実で作ることができる(大阪府堺市で)

 食品加工機器を販売する大阪府堺市のラボネクトは、規格外の果実などを有効に活用できる菓子「フルーツレザー」を提案している。

 菓子は果実をピューレ状にし、クッキングシートの上に薄く伸ばして乾燥させて作る。歯応えがあり、かめばかむほど、凝縮した果実の甘味や酸味が口の中に広がる。乾燥しているため保存が利き、丸めてリボンなどで留めたおしゃれな売り方も可能だ。

 同社は、農家などが加工品作りに使うブレンダーや家庭用食品乾燥機を扱う。これらを使ったレシピとして、米国などで食べられているおやつ「フルーツレザー」に注目し、4年ほど前からレシピ投稿サイトなどで提案している。

 田上勝敏社長は「日本ではなじみの薄い菓子だが、規格外や熟れ過ぎた果実の活用法として試してほしい」と勧める。
 

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは