全農、日清製粉と提携 中金と共同出資 国産小麦拡大へ

 JA全農は17日、製粉最大手の日清製粉グループ本社と業務提携契約を結んだと発表した。輸入小麦から国産への切り替えなど、同グループによる国産の利用・販売を後押しする。米の転作作物として農家が取り組みやすくする。より効果的な連携に向け、全農と農林中央金庫は共同で、約50億円相当の同社株式を取得する資本参加もする。
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは