川辺川ダム建設容認 熊本知事「流水型」推進へ

  熊本県の蒲島郁夫知事は19日、7月豪雨で大きな被害が出た球磨川流域の治水策として、支流の川辺川へのダム建設を含む「緑の流域治水」を進めていくことを県議会で表明した。ダムは、環境への負担が少ないとされる「流水型」(穴開きダム)を造る。ダム建設では流域の農業団体の大半が、県の意見聴取で建設賛成や容認の意見を述べていた。……
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは