鳥インフル 過去最多 85万羽処分 香川6、7例目

鳥インフルエンザの発生を受けて殺処分を進める県職員ら(20日、香川県三豊市で=県提供)

 農水省と香川県は20日、今季6、7例目となる鳥インフルエンザの発生が確認されたと発表した。6例目は同じ従業員が出入りする関連農場が4カ所あり、計35万5000羽を飼育。7例目も49万5000羽を飼育しており、いずれも高病原性の可能性があるため、全て殺処分する。複数の農場で85万羽に及ぶ防疫措置はこれまで例がなく、県は陸上自衛隊に災害派遣要請をするなど、封じ込めに懸命だ。
 

封じ込め 自衛隊・県一体


 6例目の殺処分は、20日午前6時25分から開始。1班70人が6交代で夜通し作業する。7例目は、21日以降に開始する予定。処分した鶏は2重のビニール袋に入れて保管。その後に埋却・消毒して防疫措置が終わる。「県として可能な限りの態勢」(浜田恵造知事)で当たるが、埋却まで10日程度かかる見通しだ。

 県から派遣要請のあった陸上自衛隊は6、7例目だけで約1060人の隊員が殺処分に当たる。1、2、5例目の要請時には県内を中心に対応したが、今回は四国各県から隊員が参加する。県職員だけでなく、市、農政局職員も作業を応援し「一刻も早く、ウイルスを抑え込みたい」(県職員)と懸命だ。

 香川県善通寺市の陸上自衛隊第14旅団によると7例目までに派遣する隊員は合計約2510人となる見込み。新型コロナウイルスの感染に注意しながらの作業となり、同旅団広報班は「移動する車両内でも密にならないような対策や、手指の消毒など衛生管理を徹底し迅速な殺処分をしている」と説明する。

 7例のうち6例が発生した三豊市は、飼養羽数が県全体の5割を超す養鶏産地。発生した農場同士は市内の約3キロ圏内に集中し、1例目の同範囲には発生の5日時点で26戸が189万羽を飼養していた。

 感染拡大の防止に向け県は、県内全88戸約200農場に書面での聞き取り調査を実施。20日に発送し、27日をめどに回収する。農場入り口の消毒や家禽(かきん)舎専用の靴を使っているかなどの質問に回答してもらう。

 三豊市では、発生農場周辺の県道で16日から行っていた殺ウイルス・殺菌消毒剤の散布を強化。散水車による約35キロの消毒を毎日1回から2回に増やした。
 

関連農場3キロ圏で多発


 農水省によると、今季6、7例目の高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜を確認した農場は、三豊市内の発生農場から半径3キロ以内にある。1例目と3~5例目発生後の遺伝子検査と抗体検査で陰性を確認していたが、19日に死んだ鶏の増加を受けて通報。同日の県の簡易検査で陽性を確認し、20日の遺伝子検査で高病原性の疑似患畜と判定した。

 6例目の農場は、関連する4農場との間で従業員や車両の出入りがあった。同省はウイルスに感染している恐れがあるとみて、防疫指針に基づき「疫学関連農場」と認め、飼養する全ての鶏の殺処分を決めた。6例目の農場を経営する会社は3・4例目の会社や、5例目の別の会社と関連があるという。

 今年、香川県で発生した鳥インフルエンザでは20日までに1、2、4例目の防疫措置は完了。県によると、11日に判明した3例目は、ふんや敷料などの処理方法を埋却処分から発酵処分に変えたため、長引いているという。15日判明の5例目は埋却作業が続く。

 短期間で相次いで発生を確認していることを受け、農水省は改めて飼養衛生管理基準の順守を訴える。特に衛生管理区域では、原則、他の畜産関係施設に入った者を立ち入らせない、資材の受け渡しを区域外で行うなど、車両や人、物の出入りをできる限り制限するよう呼び掛けている。

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは