麻丘めぐみさん(歌手・女優) 故郷で知った「旬の魅力」

麻丘めぐみさん

 生まれたのは大分県の別府ですが、父の仕事の都合で半年で大阪に移りました。別府生まれの大阪育ちで、一番長く住んでいるのが東京ということになります。

 大阪での食の記憶といえば、牛肉ですね。安かったんですよ。日常の食卓に、優しいお値段で並べることができました。しょっちゅうすき焼きをしていましたね。たこ焼き鉄板があって、昼とかは自分でたこ焼きを作ったり、お好み焼きを作ったりして食べました。

 あまり外食というのはしませんでしたね。時々、何かごほうびとして、デパートの一番上の食堂に連れて行ってもらいました。私は大丸百貨店のちらしのモデルをしていたんです。大人のモデルが藤純子さん(当時)、子どものモデルが私。大丸の食堂で、その頃に出始めたナポリタンを食べるのが、子ども心にうれしかったです。
 

大分の良さ実感


 10年以上前、母が故郷の別府に戻ったんです。それを機に、私も年に何回か行くようになりました。赤ちゃんの頃しか住んでいませんから、別府のことは何も覚えていませんでした。母に会いに行くようになって、大分県はなんて素晴らしい所だろうと知りました。

 食べ物についても、海の幸、山の幸に恵まれています。

 海なら関サバ、関アジ。瀬戸内海と太平洋の境界の激流を泳ぐので、筋肉が鍛えられてよく締まっているんです。しっかりとした魚の味がしてうれしいですよね。ただし九州の甘いしょうゆは苦手なので、店の人に関東風の辛口しょうゆをお願いしたり、塩で食べたりしています。

 フグもおいしいですよね。旬の時期にだけ出るお店があって、肝まで食べられるんです。それがおいしくって。関サバ、関アジにしてもフグにしても、旬って大切だと感じています。

 肉なら豊後牛。うちの親戚に頼まれ、豊後牛を作る過程を紹介するビデオに出演したんですよ。それで、農家がどれだけ苦労をして育てているのかを知りました。豊後牛って東京ではめったに見かけませんよね。あまりに手間暇がかかるので生産量が多くなく、ほとんどが県内で消費されてしまうのだそうです。私たちはただ「おいしい」と食べるだけですが、その裏にはどれだけの苦労があるのか。研究と努力があるのか。感謝の気持ちでいっぱいです。
 

野菜の味に違い


 大分県は、野菜と果物もおいしいですよ。東京のスーパーで買うのとは、味がまったく違うんです。私たちが子どもの頃に味わった臭いと味がします。葉っぱ類なら、本当に葉っぱらしい青臭さ、土臭さ。ピーマンも、いかにも子どもが嫌うような強烈な臭い。

 母に会いに行っているのか、食べもの目当てなのか、分からなくなってしまったほどです。

 別府に通うようになったおかげで、旬の時期に取った新鮮な野菜と果物のおいしさを知りました。それで普段、東京にいる時でも、なるべく良いものを食べたいと思っています。幸い、近くにとても良い八百屋さんがあるので、そこで買うように心掛けています。

 地方に旅した時は、道の駅に行くのが楽しみになりました。農家の顔写真が貼ってあるじゃないですか。それを見ると、信頼して買いますよね。

 母をみとった後も別府に通い、親戚とおいしいものを食べたり温泉に入ったりして楽しんでいます。別府のおかげで、生活がとても豊かになった気がします。(聞き手=菊地武顕)

 あさおか・めぐみ 1955年大分県生まれ。72年に「芽生え」で歌手デビュー。翌年の「わたしの彼は左きき」でトップアイドルに。結婚を機に引退したが、83年に復帰し女優業を中心に活動。今年、自選ベストアルバム「Premium BEST」を発売。29年ぶりの新曲「フォーエバースマイル」をリリース。 
 

おすすめ記事

食の履歴書の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは