バイオマス素材30%で米袋 持続可能な農業推進 岩手・JA江刺

バイオマス素材を30%使用した米袋を導入したJA江刺の業務用米(岩手県奥州市で)

 JA江刺は、バイオマス素材を30%使用した業務用米袋を新たに導入した。JAのブランド「江刺金札米」が来年、100周年を迎えるに当たり、環境に配慮した新たな取り組みとして企画した。国内外で国連の持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けた取り組みが進む中、持続可能な江刺型農業を次世代につなぐことを目指すものだ。
 

「江刺金札米」100年控え


 バイオマスは、生物由来の再生可能な有機性資源のこと……
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは