21年産米 作付け転換へ10アール4万円 水田交付金 深掘り支援拡充

 農水省は14日、2021年産米の需給均衡に向けた対応策を示した。水田活用の直接支払交付金の「前倒し対策」を20年度第3次補正予算に盛り込み、輸出・加工用米、麦・大豆、野菜への転換に、10アール当たり4万円を助成。同交付金には21年度予算で前年同額の3050億円を計上し、転作を拡大した場合の加算措置などを拡充する。計3400億円の予算を確保し、「過去最大規模」の転換を後押しする。

 前倒し対策は、3次補正予算に290億円を盛り込んだ「水田リノベーション事業」。……
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは