果実に触らず 写真で内部障害判定 精度85%超 岡山大学AI開発

柿のへたすき症状

 岡山大学などは、柿の果実の写真から、へたの下に黒い裂傷が生じる内部障害の「へたすき」を見抜く人工知能(AI)技術を開発した。精度は85%以上で、熟練の作業者と同等か、それ以上。AIは果実の色むらで判断していることも分かった。技術を応用すれば、選果の自動化や省力化に貢献できる。

 「へたすき」は、柿の内部障害として商品価値を低下させる。……
1 2

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは